犬のダイエットは運動と食事が成功のカギ!肥満チェックと痩せる方法

犬のダイエット犬の健康状態
犬の健康状態

ついつい多めにおやつをあげてしまったり、「ちょっとだけね」と言って人間の食べ物を犬に食べさせてしまったり。そんなことが日常茶飯事になっていませんか?
肥満気味の愛犬を心配し、ダイエットで痩せさせたい、とお悩みの飼い主さんも多いのではないでしょうか。

動物病院に行くと毎回必ず体重測定をしてもらえますよね。

それだけ体重というのはその子の健康状態を知る上で非常に重要な役割を果たすものです。

今一度、画像を参照し、愛犬の肥満度チェックをしてみてください。(引用:環境省)

犬のコンディションスコアと体型

あなたの愛犬がもし「やや肥満」「肥満」に当てはまるのであれば、将来の健康を守るために今日からダイエットをさせることをおすすめします。

肥満が原因で起こる病気にどんなものがあるのか、そしてダイエットのやり方を詳しく解説します。

犬の肥満は病気の始まり?

犬が太っていることで被るリスクは基本的には人間と同じです。

生活習慣病と呼ばれる「」や「糖尿病」をはじめ、肝臓に中性脂肪がつく「脂肪肝」、自分で自分の膵臓を消化してしまう「膵炎」、そして重くなった体を支えなければならない足腰にも大きな負担がかかり、「ヘルニア」や「関節痛」を発症する確率がグンと上がります。

また、必要以上に重たい体を支えてそれを動かすためには、心臓をより早く動かして体内に酸素と血液を送る必要があります。こうした余計な負荷が心臓に長期的にかかり続けることにより、将来的に「心臓病」にかかるリスクが上がり、「突然死」という最悪の事態を招きかねないのです。

犬のダイエット方法①ドッグフードの量を減らす

ドッグフードを減らす

これをしないことには犬のダイエットは不可能、と言っても過言ではありません。そのためには、愛犬にどんなに要求されても、ウルウルの瞳で見つめられても、絶対に『決められた量以上の食べ物を与えない』という飼い主さんの揺るがない決意が必要不可欠です。

ただし、「早く痩せさせないと!」と焦って急激に減らしてしまうのは厳禁。突然食事の量が減ると、犬自身がストレスを感じるばかりか、体が飢餓状態となり、「いつ食事がとれなくなるかわからない」という危機感から食べた物を体に貯めこもうとします。

ダイエットをさせるはずが、どんどん太ってしまうという悪循環に陥る可能性もあるので、犬が気付かない程度に減らしていくか、次に紹介するフードのかさまし術を使って全体のカロリーを減らす作戦を取ってください。

フードの袋の裏面に書かれている給与量はあくまで体重から算出した目安であり、当然よく動く活発な犬は袋に書かれている量では足りず、反対に1日の運動量が少ない犬に基準量を与え続けると、摂取カロリーが消費カロリーを上回り、次第に肥満になっていくことになります。

ですので袋に記載の量というのはあまりあてにせずに、いま現在与えている量をまずは減らしてみましょう。

我が家のボーダーコリーKomugiは、体重が一時期23キロになってしまい、訓練所からダイエット命令が出たので、ドッグフードの量を減らしただけ(3ヶ月)で、現在18キロをキープしています。

我が家のキンタマーニ犬WasabiとボーダーコリーKomugi
我が家には、日本でただ1頭だけしかいないであろう、バリ島から連れて来たキンタマーニ犬の和咲美(Wasabi)とペットショップで買ったボーダーコリー小麦(Komugi)の2頭が居ます。「キンタマーニ犬は日本にいるの?」と思われているのですが、今のところ我が家の「和咲美」だけだそうです。

犬のダイエット方法②ドライフードの代わりに野菜などでかさ増しする

野菜でかさ増し

単にドッグフードを減らすとどうしても空腹を感じて、いつも以上におやつをねだったり飼い主さんの食べ物を欲しがったりすることもあるでしょう。

そんなときは「ドライフードよりカロリーが低くて、腹持ちが良いもの」をトッピングして全体のかさ増しをし、「たくさん食べた」という満腹感を与えてあげます。噛んだときにある程度食感があるものもいいですね。

おすすめの食材は【キャベツ、レタス、白菜、きゅうり、トマト、もやし、大根、アスパラガス、豆腐、納豆、おから、ささみ、きのこ類、海藻類

栄養のことを考えると生のままが1番なのですが、コトコト煮込んで野菜スープにして、水分も一緒に与えるとおなかが膨れるのでダイエットのときは特におすすめです。

ちなみにローカロリーフードの定番・こんにゃく&しらたきは窒息の危険性があることから当サイトではおすすめしておりません。

check犬にこんにゃくを食べさせても大丈夫なの?個人的には反対派

犬のダイエット方法③運動量を増やす

犬の散歩

食事量を減らし、運動量を増やすのはダイエットの大原則。

ただし、日頃まったく運動をしていない子や、すでにまるまると太ってしまっている子の場合は急な激しい運動はこれまたNG。ただでさえ負担のかかっている膝にさらに大きな負担をかけることになってしまいます。

まずは近所をぐるっと一周歩いたり、引っ張りっこ遊びやもってこい遊びを通して日頃から体を動かす習慣を作りましょう。

少しずつ体重が落ちてきたら、徐々に散歩の距離を伸ばしたり、坂道を利用して体に負荷をかける運動を取り入れていきます。階段の昇り降りは膝関節と腰にかなりのダメージを与える動きですので、意図的に繰り返すのはやめましょう。

犬のダイエット方法④おやつを野菜に変える

おやつを制限する

犬の食いつきがいいジャーキーやガム、クッキー系のおやつはカロリーが高いので、ダイエット中に与えるのは控えましょう。

代わりにカロリーの低い野菜やお麩をしつけのご褒美に利用するのがおすすめです。わざわざ家で用意しなくても、今は野菜をフリーズドライにしただけのシンプルなおやつも販売されているので、うまく活用してみてください。

犬のダイエット方法⑤サプリメントを利用する

犬用のダイエットサプリ

あまり数は多くありませんが、ダイエット用のサプリメントも販売されています。

無添加フード・ケーキのメーカーとして有名な犬のご飯とケーキの『ドッグダイナー』が出しているサプリメントは、『不足すると太りやすくなる酵素』と『内臓脂肪を分解するりんご』をメインに配合されており、楽天市場のレビューを見るとかなりの高評価を得ているようなので、一定以上の効果が見込めるでしょう。

サプリメントは、”いつものフードにふりかけるだけ”という手軽さも人気の秘密です。気になる方は一度お試しされてみては。

まとめ

以上、今回は犬のダイエット方法について詳しく解説しました。

ちなみにダイエット療法食に変える、という方法もありますが、個人的にあまりいいと思えるフードがないのと、ダイエットを始めようとしたとき、多くのご家庭でおそらく使っている途中のフードがあると予想して、今回はダイエットフードをおすすめすることはやめました。

あなたのワンちゃんのダイエットが成功することを願っています(*´ω`*)

タイトルとURLをコピーしました